スピンの種類と見分け方:アップライトスピン、キャメルスピン、シットスピンの違い

ここでは、フィギュアスケートの演技の中でもひときわ華やかな、スピンについて解説します。

基本的なスピンは3種類です。

  • まっすぐに直立したアップライトスピン
  • 上体と片足を氷と平行の位置に保ち、T字型になって回るキャメルスピン
  • しゃがんだ状態のシットスピン

以下で、この3種類のスピンについて詳しく解説していきます。

アップライトスピン

アップライトスピンとは、滑っている方の足がまっすぐ伸びているスピンのことです。

アップライトスピンのバリエーションとして、以下のようなものが挙げられます。

アップライトスピンのバリエーション

クロスフット

一番基礎となる左軸のスタンドスピン。スケーティングレッグのエッジに乗ってバランスをとり、体軸が定まったら逆の足をクロスさせて高速回転を始めます。

バックスクラッチ

ジャンプと同じ右軸で回るスピンです。右バックアウトに乗り、体軸が定まったら左足をクロスさせます。ジャンプの空中姿勢と同じ姿勢になります。

レイバックスピン

女子のスピンの華です。頭を大きく反らせて腰、背中で美しいカーブを描きます。

ビールマンスピン

滑っていない方の足を両手で持ち上げて、靴が頭上に来るくらいまで前に持ってきた状態で回るスピンです。

キャッチフット

キャメルスピンの中のドーナツスピンと同じ要領で、滑っていない方の足を持ち、上に持ち上げます。

 

キャメルスピン

キャメルスピンは、伸ばした片足を中心として、上半身を氷と平行になるまで傾け、Tの字型になって回るスピンのことです。アップライトスピンやシットスピンに比べて、横に広がってしまう分空気抵抗が多いので、速く回るのが難しいスピンでもあります。

上体をひねって上を向いたり、腕を使うなどして、以下のようなさまざまな変化をもたせることができます。

キャメルスピンのバリエーション

上向きキャメルスピン

通常のキャメルスピンから股関節をぐるっと回して、あおむけの状態でスピンします。

ドーナツスピン

キャメルスピンで滑っていない方の足を持ち、上から見たら身体がドーナツのように円形になるスピン。女子に多いスピンです。

 

シットスピン

シットスピンは、片足でしゃがんだ姿勢で回るスピンです。しかし、座った姿勢のお尻の位置が膝の一番高い位置よりも下でなければシットスピンとして認定してもらうことはできません。跳び上がった状態からシットスピンに入る「フライングシットスピン」を行う選手が多いです。

以下のようなバリエーションがあります。

シットスピンのバリエーション

パンケーキ

あぐらをかくように、滑っていない方の足を膝の上に入れたものです。

キャノンボール

滑っていない方の足を伸ばして手で持ち、上半身をぴったりとかぶせた状態で回ります。大砲のように見えます。

ブロークン

シットスピンから、滑っていない方の足を曲げて外側に出した姿勢です。

 

フィギュアスケートというとジャンプがひときわ注目されがちですが、演技に美しさや華やかさを添えるスピンの名前をいくつか覚えるだけでも、鑑賞が更に楽しくなるはずです。