キャメルスピン:ドーナツスピン、ウィンドミルスピンなど

ここでは、フィギュアスケートのスピンの一種であるキャメルスピンについて詳しく解説していきます。

キャメルスピンの定義

キャメルスピンとは、「まっすぐ伸ばした片足を中心として、上半身を氷と平行になるまで傾け、Tの字型になって回るスピン」のことです。「スピンの種類と見分け方」で説明したとおり、スピンは3種類に分けられるのですが、足の状態と胴の状態を見れば3種類のうちのどれにあたるか判別できます(例えば、キャメルスピンの姿勢から変形する、キャッチフットというスピンがありますが、これはキャメルスピン由来ではありますが変形の過程で胴の状態が水平ではなくなるので、アップライトスピンに分類されます)。

キャメルスピンは、アップライトスピンやシットスピンに比べて、横に広がってしまう分空気抵抗が多いので、速く回るのが難しいスピンでもあります。

キャメルスピンの中でも、大きく分けて3種類に分かれています。

 

キャメルスピンの3分類

肩のラインの方向を基にして3つに分類されます。

CF(キャメル・フォワード)

肩のラインが氷面に平行になっているもの 基本のキャメルスピンなど

CS(キャメル・サイドウェイズ)

肩のラインを氷面と垂直な位置にまでひねっているもの ドーナツスピンなど

CU(キャメル・アップワード)

肩のラインを氷面と垂直な位置を超えてひねっているもの バトンキャメルなど

 

キャメルスピンの基本姿勢

横から見た時にきれいなT字になり、フリーレッグ(氷に着いていない足)がまっすぐ後ろに伸びるのが美しい姿勢です(フリーレッグの膝が臀部より低い位置にならないように、やや高めに保ちます)。顔は上げて、フリーレッグのつま先を外に向けると更に美しく決まります。重心は軸足の股関節に置くと、ぶれずに速く回ることができます。

跳び上がってからキャメルスピンを行った場合はフライングキャメルスピンと呼ばれます。また、跳びあがった際に空中で水平姿勢になってからキャメルスピンに入った場合はバタフライキャメルスピンと呼びます。

さらにスピン中に上体をひねって上を向いたり、腕を使うなどして、以下のようなさまざまなキャメルスピンのバリエーションを作り出すことができます。

上向きキャメルスピン

通常のキャメルスピンから股関節をぐるっと回して、あおむけの状態でスピンします。重心は、軸足のお尻と腰あたりにしっかりと固定すると安定します。フリーレッグが下がらずに、膝とつま先がしっかりまっすぐになると非常に美しい姿勢になります。

ドーナツスピン

キャメルスピンからフリーレッグを持ち、上から見たら身体がドーナツのように円形になるスピンです。空いている手を上げたり下げたり、ゆらゆらさせることで、幻想的な雰囲気を作ることもできます。日本の中野友加里選手のドーナツスピンは世界一とも評されていました。

優れた柔軟性が要求される技であるため、女子に多いスピンですが、高橋大輔選手も披露しています。

ウィンドミルスピン

キャメルスピンの姿勢から、フリーレッグと上体を前に斜めに傾け、まるで風車の羽根のようにまっすぐの一直線になることから「ウィンドミル(風車)」と呼ばれます。イリュージョンスピンとも呼ばれます。

試合では1回転のみのことが多いです。浅田真央選手がよくステップシークエンスの中で右手で氷を触る振り付けを入れています。連続のウインドミルスピンは、ソルトレーク五輪金メダリスト、サラ・ヒューズ選手が得意としています。

バトン・キャメル

仰向けでおへそが真上を向いた状態を維持し、フリーレッグの膝を直角以上に曲げて行うスピンです。その形からシャンデリアスピンとも呼ばれます。ディック・バトン選手が最初に始めたスピンです。

 

以上が、キャメルスピンの様々なバリエーションになります。柔軟性が問われ、空気抵抗も多いため難易度が高いキャメルスピンですが、成功した際は華やかさもひとしおです。観戦の際はキャメルスピンにぜひ注目してみましょう。