シットスピン:キャノンボールスピン、フライングシットスピンなど

ここでは、フィギュアスケートのスピンの一種であるシットスピンについて詳しく解説していきます。

シットスピンの定義

シットスピンとは、「滑っている方の足(スケーティングレッグと言います)の腿を氷面と並行よりもまげて、しゃがんだ姿勢で回るスピン」のことです。

「スピンの種類と見分け方」で説明したとおり、スピンは3種類に分けられるのですが、足の状態と胴の状態を見れば判別できます。シットスピンは、スケーティングレッグが曲がっている点で他の2つのスピン(アップライトスピン、キャメルスピン)とは大きく異なる姿勢をとります。

シットスピンの中でも体勢により3種類に分かれています。

SF(シット・フォワード)

フリーレッグが前方にあるもの

キャノンボール、パンケーキ、ブロークン(右軸)など

SS(シット・サイドウェイズ)

フリーレッグが側方にあるもの

ブロークン(左軸)など

SB(シット・ビハインド)

フリーレッグが後方にあるもの

リザーブパンケーキなど

 

シットスピンの基本体勢

アップライトスピンと同様、左軸足の倍はバックイン、右軸足の場合はバックアウトに乗ります。座った姿勢のお尻の位置が膝の一番高い位置よりも下でなければシットスピンとして認定してもらうことはできません。フリーレッグ(滑っていない方の足)は、膝が外向きとなりつま先まで伸びていると美しく決まります。スケーティングの足首がきちんと曲がらないと、重心が後ろにふらついておしりを氷につけてしまうため、練習初期はシットスピンの基本体勢のまま回らずに直線を滑る練習をするそうです。

跳び上がった状態からシットスピンに入る「フライングシットスピン」を行う選手が多いです。また、「バタフライシットスピン」と呼ばれる、跳びあがった際に空中で水平姿勢になってからシットスピンを行う技もあります。

シットスピンのバリエーションとして、以下のようなものが挙げられます。

パンケーキスピン

あぐらをかくように、滑っていない方の足を膝の上に入れ、その上に上半身をかぶせたものです。手は身体に密着するようにしてしまいこむと安定しますが、両手を組んで上に突き上げるなどすると技の完成度はさらに高まります。

リザーブパンケーキスピン

パンケーキスピンの滑っていない方の足を、膝の下に入れたものです。

キャノンボール

フリーレッグを伸ばして両手で持ち、上半身をぴったりとかぶせた状態で回ります。大砲のように見えることから「キャノンボール(大砲)」と呼ばれます。両手でフリーレッグを持つ際、まっすぐ持つタイプや、両手をクロスさせて持つタイプなどがありバリエーションをつけられます。

ブロークン(右軸)

シットスピンから、フリーレッグを曲げて外側に出した姿勢です。上半身は真左までひねり、左足はなるべく右側にしっかりと曲げることで、きれいなひねりが表現されます。上側の手は天井に向けてひらひらさせたり、両手を魚のひれのように揺らめかせることで優雅さを表現できます。

ブロークン(左軸)

左軸のシットスピンから右足のフリーレッグを外側に出した姿勢になります。重心が右に逃げやすいので、しっかり上体を左にひねり、左足に重心を乗せると回転速度が落ちずに美しくスピンできます。

 

以上がシットスピンの主なバリエーションです。シットスピンはほかの体勢のスピンの土台となるなど、スピンのめりはりをつける大事な要素になります。シットスピンの知識が増えると、観戦も楽しくなること請け合いです。