ペア: 競技内容とルールの概要

ここでは、ペアスケーティングの基本的な競技内容とルールについて解説します。

ペアの競技は、女性と男性1名ずつでカップルを組んで行います。競技は通常、男女シングルと同様「ショートプログラム」と「フリースケーティング」の2つによって構成されます。

ただし、大会によってはショートプログラムを省き、フリースケーティングのみを実施するなど形式が変わることがあります。

 

ペアショートプログラムのルール

ショートプログラムでは、2分50秒以内の演技時間のなかで、定められた演技要素をこなすことが求められます。

ショートプログラムで要求される要素には次のようなものがあります。

  • リフト
  • ツイストリフト
  • ジャンプ
  • スロージャンプ
  • ソロジャンプ
  • スピン
  • ペアスピンもしくはソロスピン(1年ごとにどちらをやるかが変わります)
  • デススパイラル
  • ステップシークエンス

ペア競技で行われるリフトやツイストリフト、スロージャンプやデススパイラルは、シングル競技にはない特有の要素です。

これら要素についてはこの記事の末尾で改めて説明します。

 

ペアフリースケーティングのルール

フリースケーティングは、演技時間が4分30秒と定められており、その時間内で音楽に合わせ、バランスよく構成された様々な演技要素を行うことが求められます。

フリースケーティングで要求される要素は以下のとおりです。

  • リフト3つ
  • ツイストリフト
  • ジャンプ
  • スロージャンプ2つ
  • ソロジャンプ
  • ジャンプコンビネーションもしくはジャンプシークエンス
  • スピン
  • ソロスピン
  • ペアスピン
  • デススパイラル
  • コレオグラフィックシークエンス

 

ペアに特有の要素

ペア競技は男女がペアになって行うものであるため、二人が力を合わせて行う独自の要素があり、それがシングル競技とは異なった迫力と魅力を生んでいます。
リフト
男性が女性を頭上に持ち上げる技です。各ペアがリフトに入るときの踏切や空中姿勢、着氷の流れなどを工夫しています。

男性が女性のどこを支えて持ち上げるかで難易度が変わり、得点も変化します。

  • グループ1:アームピットホールドリフト
  • 男性が女性の腋を支える
  • グループ2:ウェストホールドリフト
  • 男性が女性の腰を支える
  • グループ3:ヒップリフト
  • 男性が女性の臀部を支える
  • グループ4:ハンドトゥハンドリフト
  • 男性と女性が手をつないだ状態でリフトする
  • グループ5:回転しながらのハンドトゥハンドリフト
  • 男性と女性が手をつないだ状態で、回転しながらリフトする

ツイストリフト

男性が女性を高く投げ上げ、女性は空中で回転します。回転の終わった女性を男性が受け止めて着氷させる、という一連の流れを「ツイストリフト」と言います。

空中で女性が回る大迫力の要素で、ペアならではのインパクトのある演技要素です。

トップスケーターは3回転のツイストリフトにチャレンジすることが多いですが、一部のカップルは4回転のツイストリフトにも挑戦し、成功させています。

 

スロージャンプ

スロー(throw)とつくように、男性が女性を投げることで飛距離や高さを作る派手なジャンプです。

大きな運動量で空中に放り出されることになるので、回転する女性選手にとっては、空中姿勢を維持することが難しく、また着氷の衝撃が大きいため全身を使っていかに柔らかく着氷するかなど、他のジャンプとは異なるコツが必要となります。

トップ選手の多くは3〜4回転のスロージャンプに挑戦しています。

 

デススパイラル

男性が中心になり、手をつないだ女性がその周りを回転します。男性は足の膝より臀部が下になるくらいに深くかがみ、女性も頭と臀部が膝より下になるまで低い姿勢になります。

氷の上ぎりぎりの高さで、大きな円を描いて女性が回るため、見た目にも迫力のある要素です。

 

 

 

ペア競技は日本ではまた競技者の数も少なく、シングルに比べると浸透度はまだまだという状況ですが、その派手な演技内容から、世界的にはシングルに負けず劣らず非常に人気の高い種目です。