FIGURETIC

坂本花織、本田真凜、山下真瑚が表彰台独占 – ジュニア・グランプリシリーズ(JGP) 日本大会 ピックアップ動画

今年も始まったジュニアグランプリシリーズ、横浜で開催された日本大会が終了した。特に期待がかかる女子シングルでは、坂本花織、本田真凜、山下真瑚ら日本勢が表彰台を独占した。

詳細な結果は、フィギュアスケート速報さんがまとめている

さて、その女子シングルだが、世界ジュニアチャンピオンでもある本田真凛はショートプログラムでの失敗が響き、ショート終わってまさかの5位と出遅れる。しかしフリーではダブルアクセルがシングルになってしまった後半のミス以外を綺麗に滑り切り、持ち前の表現力を存分に発揮することで、128点越えの高得点をたたき出し、総合で2位となった。

全体としては総合点が180点を超えた日本勢とロシアのアリサ・フェディチキナ選手が抜け出した格好となり、ショート・フリーをそろえてきた坂本の優勝となった。

本大会のハイライトはやはり、128.64点を獲得した本田真凛のフリースケーティングだろう。

本大会のハイライト: 本田真凛FS

 

なお、本年度のジュニアグランプリシリーズは、国際スケート連盟(ISU)が積極的に動画を配信しているため、各選手の演技をYoutube上で見ることができる