男子シングル: 競技内容とルールの概要

フィギュアスケートの男子シングルの基本的な競技内容とルールについて解説します。

男子シングルの競技は、スケート連盟の公式大会等、ほとんどのものがショートプログラム(SP)とフリースケーティング(FS)の2部構成となっています。

ただし、競技大会によってはショートプログラムを省き、フリースケーティングのみを実施するなど、変則的な場合もあります。

 

男子ショートプログラムのルール


男子ショートプログラムは、演技時間は2分50秒と定められており、演技者が選んだ音楽に合わせ、指定された要素(ジャンプやスピン、ステップなど)をこなすことが求められます。

プログラムには以下の要素を盛り込みます。

  • ジャンプ
  • 難しい入り方からの3回転以上の単独ジャンプ(複数のつなぎのステップやフリースケーティング動作からただちに行う)
  • トリプルアクセルもしくはダブルアクセル
  • コンビネーションジャンプ(3〜4回転のジャンプと2〜3回転のジャンプの組み合わせ)
  • スピン
  • 1回のみの足換えありのスピン・コンビネーション
  • 足換えありの単一姿勢のスピン
  • フライングスピン
  • ステップシークエンス
    同じ種類のジャンプを二度飛んでしまうなど、要素の重複は許されておらず、その分の得点は加算されません。

また各要素にはそれぞれ細かい規定があり、それを満たさない場合にはその要素の得点がなくなったり、減点が発生したり、GOE(出来栄え点)にマイナスの評価がついたりするなどの措置が取られます。

ジュニア、シニアと、年齢別のクラスによっても規定が異なりますが、ここでは主にシニアを中心として解説します。

 

男子に特有のジャンプ要素

男子シングルのショートプログラムでは、女子とは異なり「4回転ジャンプ」が認められているのが特徴です。

既に多くの男子選手が4回転ジャンプに挑み、かつては珍しかった4回転ジャンプも、昨今のトップスケーターの間ではもはや挑戦するのが当たり前の光景となってきています。

 

男子に特有のスピン要素

ショートプログラムにおいて、男子と女子とで異なるのがスピンです。男子シングルで「足換えありの単一姿勢のスピン」と規定されている部分は、女子では「レイバックあるいは サイドウェイズ・リーニング・ スピン」とされています。

「足換えありの単一姿勢のスピン」は、キャメル姿勢もしくはシット姿勢を選択する必要がありますが、これはフライングスピンの着氷姿勢とは異なる姿勢であることが求められます。

ショートプログラムのルールについての詳細な解説は別途記事を作成予定です。

 

男子フリースケーティングのルール


フリースケーティングでは、ジュニアが4分、シニアが4分30秒となります。ただし、演技時間には±10秒の増減は認められています。

「フリー」という言葉があるように、演技構成の幅はショートプログラムより広く、自由度が高いと言えますが、一方で選手が得意な技ばかりを繰り返して演技が単調にならないよう、いくつか構成上の条件が設定されています。

フリースケーティングでは以下の要素を盛り込みます。

  • ジャンプ
  • 8つのジャンプ
  • 最低1つのアクセルジャンプを含む。
  • ただし、2回転ジャンプは全体を通して2回まで(コンビネーションに組み込む場合も含む)。
  • 3回転または4回転ジャンプは、同一種類のものは2回までしか飛べず、2回とも単独ジャンプの場合は2回めのジャンプの点数が70%になる。2回のうち1回をコンビネーションにすれば点数は通常踊り加算される。
  • ジャンプコンビネーションまたはジャンプシークエンスは3回まで実施可能。うち3つのジャンプを組み合わせたものは1回だけ飛べる。
  • スピン
  • スピン・コンビネーション、単一姿勢のスピン、フライングスピン(またはフライング・エントランスのスピン)をそれぞれ1つまでとした、最大3つまでのスピン
  • まったく同じスピンを重複させることはできない(2回以降に実施されたスピン要素は0点になる)。
  • ステップシークエンス
  • コレオグラフィックシークエンス

女子シングルではジャンプが7つまでなのに対し、男子ではジャンプが8つまで可能です。また演技時間が女子よりも30秒長くなっています。それ以外の要素については女子と変わりません。