その他のジャンプ:様々な1回転ジャンプ、禁止ジャンプなど

ここでは、フィギュアスケートのジャンプのうち、ISUにジャンプ要素として認められている6種類以外のジャンプを解説します。これらはステップの中や、ジャンプシークエンスの中で使われることがあります。

バニーホップ

本格的なジャンプの練習に入る前に、基本動作の訓練によく使われるジャンプでもあります。前向きに滑って、右足を後ろから前に振り上げると同時に左足のトウで跳び上がります。着氷は、ふり上げた右足を下ろしてトウを付き、直後に左足に滑り出て右足はフリーレッグとして後ろに残します。回転はしません。

名前の由来は、飛び跳ねるように走るウサギに似ていることです。

 

スリージャンプ(ワルツジャンプ)

アクセルの基本となるジャンプです。バニーホップと同じように前向きに滑り、右足を後ろから前に振り上げて跳びあがり、空中で半分回って右足バックアウトのエッジで着氷します。回転はしません。

 

トウジャンプ

トウループやフリップと跳び方が似ていて、これも練習として使われるジャンプです。また、1回転未満のトウを使ったジャンプは、ステップの中で盛り込まれることもあります。この名前は特定の跳び方のジャンプを指すのではなく、トゥを使ったジャンプを総称して呼ぶものです。

 

マズルカジャンプ

トウループと同じ踏切り方で、1/2回転するジャンプです。

後ろ向きに滑り、右足のアウトサイドのエッジにのり、左足のトウをついてジャンプします。空中でとる姿勢は、足を曲げたり、背中をそったり、また空中で足を大きく広げる場合もあります。着氷は、左足トウから前向きに行います。

サーキュラーステップの途中や、ストレートラインの最後で使われることもあります。

 

ハーフループジャンプ

一個目のジャンプの着氷後に続けてジャンプをして、エッジを入れ換えるジャンプのことを言います。踏み切りがループジャンプと同じですが、踏み切った足と逆の足のバックインサイドのエッジで着氷する点が異なっています。

ジャンプシークエンスのなかでは繋ぎとして使用され、これに続いてサルコウジャンプなどを跳ぶことが多いです。

2010-2011のシーズンから、シングルループとして採点されることになりました。そのため、これを繋ぎとしておこなったジャンプシークエンスは、ジャンプコンビネーションとして認定されることになりました。

 

ウォーレイ

右足のバックインサイドのエッジで踏み切り、着氷も同じ右足バックアウトサイドエッジで行うジャンプのことです。インサイドエッジで踏み切るタイプのループジャンプともいえます。ジャンプの前のステップ、フリースケーティングムーブメントとして使われることが多いです。

また、ストレートのステップの中で使用されることもあります。

ただし、回るのが難しく、高さも出しにくいジャンプのため普通はシングルジャンプしかできません。難易度はアクセルジャンプより高いとされています。

 

バックフリップ

いわゆるバック転を氷上で行うものです。スピードを付けて、バックの直線滑走からフリップのようにトウによって両足で上後方に踏み切り、両足トウで着氷します。

このような、体の回転軸が水平になるジャンプは、危険技としてISUルールでは禁止されており、行うと減点されてしまいます。(1つにつき -2.0点)ただし、エキシビションやプロの試合で使用することは許されており、華やかで盛り上がる技として、見せ場で使われています。

 

禁止ジャンプの使用について

ちなみに、フランスのスルヤ・ボナリー選手は、1998年、長野オリンピックのフリースケーティングにおいてこの禁止技バックフリップを行ったために、世界の人々の記憶に残っています。

ボナリー選手は、1991年からの欧州選手権の5連覇、1991年には惜しくも失敗したものの女性で世界初の4回転トゥループに挑むなど、大変な実力の持ち主でしたが、ジャンプの転倒やタッチダウンが多く、世界選手権の金メダルを何度かのがし、苦い思いを繰り返していました。

そんな中迎えた1998年の長野オリンピック、ショートプログラムで実力が発揮しきれぬ中でなんとか上位6位入りしたボナリー選手は、フリースケーティングのジャンプで転倒、両足着氷、回転不足などのミスを続けて行ってしまいます。そしてプログラムの最後で、禁止技バックフリップを行い、客席、審査員が騒然とさせました。最終的には10位に終わったボナリー選手の演技でしたが、彼女らしいスケーティングとして人々の記憶に焼きつくこととなりました。

彼女は現在はプロスケーターに転向し、バックフリップも健在です。

 

以上が、主要6種以外のジャンプの解説でした。これらは基礎点がつくジャンプではありませんが、演技の盛り上がりや音楽の表現を豊かにするものとして、ステップやジャンプシークエンスのなかに盛り込まれます。このようなジャンプにも注目してみると鑑賞がさらに面白くなるはずです。