スピンの諸要素:コンビネーション、チェンジフット、フライング、バタフライ、バックエントランス

 

ここでは、フィギュアスケートの業の一つであるスピンの、コンビネーションとチェンジフット(足替え)、フライング、バタフライ、バックエントランスについて解説します。

コンビネーションスピンとは

キャメルスピンからシットスピン、レイバックスピン等、次々と姿勢を変えて回転するのをコンビネーションスピン、又は単にスピンコンビネーションと呼びます。略記ではスピンをしめすSpの前にCoがつき、CoSpとなります。

男女シングルのショートプログラムでは、必須要素7つのうちのひとつとして、コンビネーションスピンが下記のように定められています。

基本3姿勢(シット、キャメル、アップライト)を全て含む。足換えは1回のみ。各足6回転以上で、各姿勢2回転以上のもの。

 

キャメル、シット、アップライトの3姿勢をどの順でやるかは、特に決められていません。

さらに、姿勢が決まってから2回転以上しないと「その姿勢で回転した」とは認められません。基本姿勢のどの姿勢の要件も満たさない「中間姿勢」と呼ばれる状態がはさまれても構いませんが、その間はこの2回転にはカウントされません。

 

チェンジフット(足替え)

回転している途中に軸足を変えることです。この動作を行うとスピンは足替えスピンとみなされます。略記では各スピンの略記の直前にCの文字がつけられます。

 

足換えコンビネーション

コンビネーションスピンの中で、足を換えるものを足換えコンビネーションスピンと言います。

キャメルスピンでの足換えや、シットスピンでの足換えなどがよく見られます。うまい選手だと足換えで氷を蹴って、より回転速度を早くする事も出来ます。また、回転中にジャンプして足換えをする事もあります。この場合、着氷して2回転以内にスピンの基本姿勢に入り、さらにその姿勢を2回転以上保持しないといけません。

足換えコンビネーションスピンとなると基礎点がかなり高くなります。スピンの中で基礎点が一番高いのはFCCoSp Lv4(フライング足換えコンビネーション) の3.5点です。上級選手はこちらをプログラムに盛り込んでいきます。

 

フライング

スピンに入る時、飛び上がってから入るとフライングスピンとみなされます。略記では各スピンの略記の先頭にFの文字つけられます。この場合、着氷して2回転以内にスピンの基本姿勢に入り、さらにその姿勢を2回転以上保持しないといけません。これを行うことによりスピンのレベルをあげることができます。

 

バタフライ

左足で蹴り上げて空中に大の字になるように跳びあがり、右足で着氷してからスピンを始めます。氷をキックした際、体が一瞬氷と平行になります。スピンの前のほかでも、プログラムに盛り込まれることもあり、演技にダイナミックな魅力を与えます。ロシアのイリヤ・クーリック選手が得としていたのが変形バタフライで、後ろ足の上げ方がかなり高く、ほぼ側転に近い形になっており、アクロバティックな持ち技として演技に彩を添えていました。バタフライからスピンに入る場合は、バタフライからシットスピンに入ることが多いです。

 

バックエントランス

右足の前側のインサイドエッジから反時計回りに入って、そのまま右足で回転します。スピンのレベルを上げることができます。

 

 

以上が、スピンのレベルをあげる諸要素の解説でした。