コンビネーションジャンプとジャンプシークエンス:よく使われる組合せや競技の規定

ここでは、フィギュアスケートのコンビネーションジャンプ、ジャンプシークエンスについて解説します。

コンビネーションジャンプとは

コンビネーションジャンプとは、「1つめのジャンプをした後、ただちに次のジャンプを連続して跳ぶもの」を指します。1つ目のジャンプをファーストジャンプ、2つ目のジャンプをセカンドジャンプ、3つ目のジャンプをサードジャンプと呼びます。

1つめのジャンプの後にただちに次のジャンプを跳ぶというのは、具体的には下記のようなことを指しています。

  • 着氷した足を他の足に入れ替えてはいけない
  • 着氷した時のエッジを変更してはいけない
  • 着氷した時の前後の向きを変更してはいけない(ターンしてはいけない)
  • できるだけ間を置かずに次のジャンプに移る

 

コンビネーションジャンプのセカンドジャンプはトゥループかループのみ

ISUが規定する6種類のジャンプは、すべてバックアウトサイドエッジで着氷します。そこからエッジを変えずに次のジャンプを跳ぶとすると、バックアウトサイドエッジのままで踏み切れるジャンプだけに限られます

これに該当するのは、トゥループ、ループ、ルッツがあります。しかしコンビネーションの2つ目以降で実際に行われるのはトゥループとループのみです。ルッツも理論的には不可能ではありませんが、回転の向きが逆になる(逆回転のジャンプを練習しないといけない)ため、選ばれません。

 

コンビネーションジャンプの基礎点

コンビネーションジャンプの基礎点は、各ジャンプの基礎点をそのまま加算したものとなります。たとえば、トリプル・ルッツ-ダブル・トゥループですと、6.0+1.3=7.3になります。

 

ジャンプシークエンスとは

ジャンプシークエンスは、複数の主要6種類のジャンプの間を、その他のジャンプやホップなどでリズミカルにつないで跳ぶ連続ジャンプのことです。

コンビネーションジャンプは、「1つめのジャンプをした後、ただちに次のジャンプを連続して跳ぶもの」であり、2つのジャンプの間に足換え、エッジ変更をすることは禁止されていましたが、ジャンプシークエンスはこの限りではありません。

そのため、セカンドジャンプにトウループジャンプやループジャンプしか跳べないコンビネーションジャンプに比べて、いろんなジャンプが使えるため、自由度が高くなっています。また、着氷してすぐさま次のジャンプに映らないといけないコンビネーションジャンプより難易度も低いとされています。

 

 

よく使われるジャンプシークエンス

2番目のジャンプとして、ホップしてからの2回転アクセルやハーフループからの3回転サルコウが競技会でよく使われます。またスリーターンしてからのアクセルジャンプもよく行われます。

 

ジャンプシークエンスの基礎点

ジャンプシークエンスは、各ジャンプの基礎点を加算したものに0.8掛けしたものが基礎点となります。これは、コンビネーションジャンプよりも難易度が低いとされているためです。

 

競技会で跳べるのは3連続まで

なお、国際スケート連盟のルールではジャンプコンビネーション、ジャンプシークエンスともに回数に上限があり、最高3連続のジャンプまでとなっています。しかもショートプログラムでは2連続と規定されているまで、競技会で3連続ジャンプが見られるとしたらフリープログラムの演技のみです。

ただし、エキシビションなどでは4連続以上のジャンプを目にする機会もあります。ただし、はじめに助走で得た推進力がどんどん失われていくため、4連続以上のジャンプは難易度が高く、また見栄えもしにくいです。

 

ショートプログラムでの規定

ショートプログラムでは、コンビネーションジャンプを1回おこないます。回数は2連続です。

ショートプログラムでのジャンプコンビネーションは、男子は3~4回転と2~3回転の組み合わせ、女子は2~3回転同士の組み合わせと規定されています。

これを試行できるのは1回のみで、失敗しても再度の挑戦はできません。トップ選手の争いとなると男子では4回転を含むコンビネーション、女子では3回転+3回転のコンビネーションをミスなく決めることが要求され、選手の集中力や技能が試されることとなります。

 

フリースケーティングでの規定

フリースケーティングでは、コンビネーションジャンプとジャンプ・シークエンスをあわせて3回まで行えます。また、3回連続のコンビネーションジャンプも可能ですが挑むのは1回のみとされています。

 

以上が、コンビネーションジャンプ、ジャンプシークエンスの解説でした。両者は似ている点もありますが、同じジャンプを跳んだとしてもどちらかによって得点には差が出てきます。難易度の高いジャンプをコンビネーションジャンプで跳んで失敗するよりは、確実に跳べるジャンプシークエンスを選んだ方が点数が高くなる場合もあります。ここが選手の作戦の練りどころであり、また観戦者が注目するポイントでもあります。