ループジャンプとは?跳び方、基礎点、コンビネーションでの利用

ここでは、ISUが定める6種類のジャンプのうち、ループジャンプについて解説します。

ループジャンプとは

難易度は、6種類のジャンプの中ではやや易しいとされています。

ループジャンプは名前の通り、ループ(輪)を描くような動きをすることから名付けられました。案者の名を取ってリットベルガーとも呼ばれるジャンプです。

特徴は、空中での回転の力を得るために、氷上での回転(プレローテーション)を利用していることです。そのためエッジは跳び上がる前に氷上で1/2回転程回転しています。

右足のバックアウトで踏切り、着氷するまで右足に体重がのったままなので、他のジャンプに比べて大きな動きがなく、どちらかというと地味なジャンプですが、選手にとっては空中で体軸を作るための基礎となるジャンプです。また、スケーティングの基本スキルが重要で、また脚力も必要とされるため、確実なスケート技術が美しさに反映されるジャンプであるともいえます。

 

ループジャンプの跳び方

ループ・ジャンプは、助走も、踏切も着氷も、右バックアウトになります。ただし、一見すると踏み切りを両足で行っているように見える場合もあります。

助走は後ろ向きで滑ります。しかし後ろ向きで滑ってそのままジャンプしようとすると、そこまでで描いてきたカーブによって微妙に体が回転して踏み切りの姿勢を保つことが難しくなってしまいます。そのため、普通は前向きに滑ってきて、途中で向きを変えることが多いです。後ろ向きになったときになるべく体を安定させるためまっすぐに近いカーブを描き、さらに両手を前に伸ばして、バランスをとるような姿勢になります。そして、右バックアウトに重心を深く乗せます。踏み切る前に、ももの筋力に頼らないで、十分深いエッジに倒れるまで待つことが大事です。踏み切った後は、右足に乗った体重をそのままにして右足~頭の一直線で体軸を作ります。着氷も右足のバックアウトで行います。

ジャンプの回転力は、右足バックアウトエッジに乗った際に描かれる反時計回りのカーブから生み出されます。

 

ルッツとの相違点

ループジャンプは、踏み切り以前の動きがルッツジャンプと似ています。ルッツは踏み切る前にはまっすぐ前を向いているのに対し、ループは横を向いて自分の踏み切り地点をみるような感じになります。また、ルッツはトウを突くのに対し、ループはトゥは突きません。

踏み切る前の姿勢も、ルッツは左足を後ろに下げるような動作があるのに対し、ループでは両足を揃えたような姿勢のままジャンプすることになります。

 

ルッツジャンプの基礎点

基礎点もアクセル、ルッツ、フリップジャンプに次いで4番目に高く設定されています。

 

コンビネーションジャンプにおけるループジャンプ

ループは2つ以上のジャンプを連続して行うジャンプ・コンビネーションの、2番目のジャンプとして用いられることがあります。「ジャンプ・コンビネーション、ジャンプシークエンス」のページで解説した通り、2番目のジャンプとして登場するのは、他のジャンプを跳んだあとにそのままの足で踏み切れるトゥループかループしかありません。そしてトゥループの方が難易度が低いため登場頻度は高いのですが、ループを得意とする選手は、トゥループの場合よりも高得点を狙えるループを跳ぶことがあります。

 

ループジャンプの考案者

1910年にドイツのヴェルナー・リットベルガー選手が初めて跳んだのが始まりとされています。そのため、欧州では彼の名前をとってリットベルガーと呼ばれることが多いです。

 

ループジャンプの進化

1925年にはオーストリアのカール・シェーファー選手がダブルループジャンプに成功しました。

さらに1952年、アメリカのディック・バトン選手がトリプルループジャンプに成功しました。女子では、1968年ガブリエル・ザイフェルト選手が初めて3回転ループジャンプに成功しました。

 

4回転ループ

4回転ループは、練習ではティモシー・ゲーブル選手や本田武史選手を始め、何名か成功する男子選手がいたようですが、公式戦で成功する選手は、長らくあらわれませんでした。

2016年9月23日には、ISUジュニアグランプリシリーズのスロベニア大会でアメリカのアレクセイ・クラスノジョン選手が4回転ループジャンプに挑みましたが、ISUは「着氷時に手をついた」と判定し、成功とは認められませんでした。

それから日がほとんど経っていない2016年10月1日、日本の羽生結弦選手がカナダのオータムクラシックインターナショナル2016で世界初の4回転ループジャンプを成功させました。