トゥループジャンプとは? 跳び方、基礎点、近年の動向

ここでは、ISUが定める6種類のジャンプのうち、トゥループジャンプについて解説します。

トゥループジャンプとは

踏み切る瞬間に、右足のバックアウトエッジに乗り、左足のトゥを突いて後向きに踏み切るトウジャンプです。

ループジャンプのトゥを突くバージョンのためこう呼ばれます。単にトウループ、トウとも呼ばれ、また、トーループやトゥループのように表記されることもあります。考案者の名前をとってメープスジャンプと呼んだり、また、昔のフォームだと2つのさくらんぼの実が左右入れ替る様子に似た動きだったため「チェリーフリップ」と呼ばれたりもします。また、日本ではチャーリーと呼ばれることもあります。これは、チェリーフリップがなまった言い方ではないかと言われています。

難易度は、6種類のジャンプの中では易しい方とされています。

理由は、このジャンプの性質上、ジャンプに入った瞬間にすでに半回転跳んでいるようになっているからです。

コンビネーションジャンプの2番目、3番目ジャンプとしてもよく用いられます。詳しくは「コンビネーションジャンプ、ジャンプシークエンス」を参照してください。

 

トゥループジャンプの跳び方

跳び方はふたつあります。

まず、一つ目のやりかたでは、左足で前向きでアウト・エッジで滑り、その後、後ろ向きに方向転換して左足のバックインエッジで滑りつつ、右足を左足の後ろにかまえます。ここからスケーティングレッグを左足から右足に換え、バック・アウト・エッジに乗りつつ、左右の足の前後を逆にします。この状態で左足を後ろに下げてトゥを突き、跳び上がります。

二つ目のやり方は、まず前向きで右足のインエッジで滑走してきて、途中で後ろ向きにターンして右足バックアウトのエッジに乗ります。そしてもう左足を後ろにつけ、トゥを突いてジャンプを行うというのものです。

どちらのやりかたでも、氷の上で半回転回っているような状態となります。しかしトゥを突いて氷上にいる間に後ろに振り向いてしまうと、回転不足やアンダーローテーションと判定されてしまうので、注意が必要です(詳しくは「ジャンプの回転不足・エッジエラー・減点について」を参照してください)。

重心は跳び上がる前まで左で、跳び上がった瞬間に右に移します。そして右足に左足をひきつけるようにして頭から右足で体軸を作ります。着氷は右足のバックアウトとなります。

 

トゥループジャンプの基礎点

基礎点は、6種類のジャンプの中でもっとも低く設定されています。ただし、1,2回転においてはサルコウジャンプとトゥループジャンプの基礎点は同じで、3回転以降から開きが生じます。この理由の詳細は「サルコウジャンプ」を参照ください。

 

トゥループジャンプの考案者

トゥループジャンプの考案者は、アメリカのプロスケーターでアイスショーの役者だったブルース・メープス選手です。その後、1964年に同じくアメリカのトーマス・リッツが3回転トウループジャンプに成功しています。

 

4回転トゥループ

1988年、カナダのカート・ブラウニング選手がオーバーターンながらも4回転トウループジャンプに世界で初めて成功しました。それ以降スケーターたちの技術の進歩は目覚ましく、現在の男子シングルの世界レベルの戦いでは、4回転トウループが跳べないとトップが狙えない段階になっています。

女性ではスルヤ・ボナリー選手が、1991年の世界フィギュアスケート選手権で4回転トウループに挑みました。着氷は問題なかったものの、回転不足と判定されました。それ以来4回転トウループを試合で成功させた女性選手はまだ現れていません。